北海道富良野市 ほっかいどうふらのし

北海道のほぼ中央に位置し、富良野盆地の中心都市「へそとスキーとワインのまち」として賑わいを見せる富良野市は、360度美しい山々に囲まれ、市域の7割を山林が占める自然あふれる穏やかなまちです。 豊かな農業から生み出される数多くの特産品は「富良野ブランド」として人気を博し、自然景観や農村景観に加え、彩りの豊かな花々や旬の食材を使った食、アウトドア、演劇など、地域資源を生かした観光は訪れる人々を魅了しています。

住所 〒076-8555 北海道富良野市弥生町1番1号
電話番号 0167-39-2277
URL https://www.city.furano.hokkaido.jp/
受付時間 8:00〜17:15(月〜金)

おすすめの観光地

北海道中心標
富良野市が北海道の中心、「へそ」であることにちなみ、大正3年に本標を北海道の中心地店として、地球の重力や経緯度などの測定をしたことを記念に建てられました。富良野小学校の校庭にあり、富良野市の指定文化財となっています。毎年開催される「北海へそ祭り」は、北海道の夏を盛り上げるイベントの一つです。
富良野スキー場
過去10回以上ワールドカップを開催した日本屈指の規模と美しさを誇る富良野スキー場。充実したゲレンデと最高の雪質である「bonchi powder」を求めて世界中からスキーヤー、スノーボーダーが集います。また、スキーをはじめ、ラフティングやトレッキングなど、北海道らしさを満喫できるアクティビティも豊富です。
ふらのワイン工場
富良野産ぶどうを100%使用するなど、北海道でも数少ない地元原料、醸造、販売まで一貫したワインづくりを半世紀続けてきました。山の中腹に建つレンガ造りの建物で、花畑や富良野盆地・十勝岳を一望できる展望地があります。工場見学や試飲、ワインを購入することもできますので、ぜひお越しください。
さまざまなドラマロケ地
富良野の名を一躍世に広めた「北の国から」や「優しい時間」「風のガーデン」など、富良野市在住の脚本家 倉本 聰 氏が手掛けたテレビドラマのロケ地がたくさんあります。その他にも、数多くのドラマのロケが行われてきたことから、「ロケ地めぐり」も富良野ならではの楽しみの一つとなっています。

寄附金の使い道

1.子育て・教育の充実

ファミリーサポート事業等による子育て支援に活用します。恵まれた森林資源を活用し、市内小中学生を対象に森林環境教育の推進や子どもたちに「演劇のまち 富良野」を体感してもらい、演劇的手法を活用したコミュニケーション能力の向上を図ります。また、富良野を愛し、将来、「ふるさと富良野」に心が向くキャリア教育の推進及び人材育成を図ります。

2.農林業の振興

農林業全般の振興事業に活用していきます。農業担い手育成センターでの、担い手の育成・確保を図り、営農指導農家への補助、青年就農者などの確実な定着や研修環境の充実を図ります。

3.医療・介護・福祉の充実

高齢者福祉など医療・介護・福祉の分野全般の事業に活用します。へき地医療の充実、医師養成確保就学資金事業など、住み慣れた地域で、自ら健康で生きがいのある安心・安全な暮らしを図ります。

4.観光の振興

豊かな自然と観光資源を生かした魅力ある観光地づくり、観光施設の充実、国内外に向けた観光情報の発信やシティプロモーションに活用します。

5.その他市長が必要と認める事業

まちづくり、まちの活性化、地域コミュニティ活動、地域づくり推進の分野全般で、市長が特に認めた事業に活用します。